合格には気持ちの統一が不可欠

小学校受験の際に大きな課題になるのは、子どもと親の気持ちを統一することです。目指すきっかけは親が作りますが、最終的な勝利をつかむには家族が一丸となって臨まなければなりません。親はこれまでに受験を経験していますし、公立と私立の小学校に関しても違いが分かるでしょう。

しかし、子どもはそもそも小学校がどういうところかも分かっていない状態です。それなのに、親が単純な応援に終始してしまうと、子供は何を目標にすべきか判断できなくなります。

ですから、まずは志望校を見学にいって生徒の学ぶ様子を見せるなど、具体的なイメージを持たせることから始めなければなりません。最初の段階でそれを済ませておけば、受験対策がつらくなってきたときの支えにもなってくれます。

いずれにせよ、合格を親の目的ではなく子どものが願望にまで押し上げることがポイントです。家族でしっかりと話し合う時間をとって、子どもの気持ちにも十分寄り添ってあげましょう。