小学校受験は中学校とはまた異なる

小学校受験は中学校受験の前段階的な位置づけで、それぞれ延長線上にあるイメージですが、実際には異なるところが多くて中には全く違うと感じる部分も少なくないです。
中学校受験は偏差値や試験の結果が全てというところがありますが、小学校受験の偏差値は中学校とは捉え方が違います。
小学校はどちらかというと成績のみだけでなく、成績以外の部分も評価される傾向が強いです。
それは現状から見られる成長の背景だったり、家庭環境や親子に兄弟の関係などもあてはまります。
いずれにしても、小学校受験は単純に詰め込めば合格できるわけではないので、そこを履き違えてしまわないように注意が必要です。
大切なのは自ら学び吸収できる子供に育てること、何でも質問できたり必要な時に頼れる家族の関係性を構築することにあるといえます。