子どもたちの自主性「塾通い」

子どもたちが自らすすんで「塾」に行きたくないと言いはじめたら、パパさんママさんとしてはどのような対処を行えばよいでしょうか。最近では子どもたちの放課後を過ごす場所として「塾」以外に、「学童」の存在が台頭してきましたが、子どもたちの学力アップを期待するとなりますと、どうしても進学塾への入塾を考えるのが親心というものなのでしょう。子ども・子育て支援制度によって、さまざまなサポート体制が行われるようになったとしても、子どもたちの学力アップにイコールでつながるのかは両親の采配が大きいとも言われています。子どもたちが「塾」で学ぶことを自ら求めるような流れをつくるには、どのような親子関係を築いておけば良いのでしょうか。