小学校受験に向いている子供は家庭環境が重要です

小学校受験に向いている子供は、家庭環境が大切になります。まず通学の問題がありますので、家族が時間を作り送り迎えが出来ることが望ましいです。また私立の学費は高額なために、所得の高い家庭や資産家でなければなりません。
その他にも子供自身が早熟な上に将来の目標があるなど、本人の強い動機があることは重要です。親がエリート教育をしたいと考えていても、不向きな場合にはストレスに感じてしまいドロップアウトすることになります。
適性の判断は知能テストや性格などでも出来ますし、小学校受験をさせる環境があれば積極的に挑戦して結果を待ってみることもいいかもしれません。向いている子供は多くはありませんが、家庭環境がバックアップできる状況ならばチャンスの階段を登ってみることはいいことです。